家族葬に懸念されるデメリット

全ての物事にはメリットの反対側に何らかのデメリットが潜んでいるのが常であり、これは昨今多くのご家族が選択される家族葬に関しても共通しています。家族葬という葬儀スタイルの選択に際しては、ついつい意識が向きがちなメリットだけに捉われず、想定されるリスクなどデメリットの範疇に属する諸々が発生する可能性とその対処法など、十分のシミュレーションが欠かせません。そのためにも、具体的にどのようなデメリットが想定されるのか、早い段階で確認しておくことをおすすめします。

家族葬は故人の家族が誰と誰に声をかけるのか自分達で決定するお葬式であり、特別な決まりはありません。家族以外でも故人の最期を見送っていただきたい知人友人を招く一方、疎遠となった親戚や諸事情で参列を控えて欲しい家族が見られるなど、その状況は各家庭ごとに異なります。故人の意向はもちろん尊重した上で、家族内での意向に関しても早い段階で決定しておく必要性があります。

こうした互いの意向のズレを防ぐ意味でも、声をかけるべきか否か迷った人にはとりあえず連絡した上で、家族葬を選択した理由をきちんと伝える対処が望まれます。一方で、ご足労を控えてもらいたい相手に際しては、故人の意思を尊重しての限られた家族だけでのお葬式だった旨を、こちらもきちんとお詫びご報告する対処が欠かせません。

また、昔ながらの近所付き合いが密な地域での家族葬は特に、逝去を伏せ続けることは叶いません。同じく葬儀を終えた後に、家族葬を選択した意向や理由などを、特に伝えておいた方が良さそうな方々にご理解いただく対応が望まれます。家族が知らずとも密接なお付き合いをしているということも十分あり得るため、可能であれば生前にきちんと決めておくことが望ましいといえるでしょう。逝去を伝える際には、生前のお付き合いのお礼と併せてきちんと挨拶することが重要です。こうした観点からすると、家族葬はとり行う家族側と参列する側が、互いの立場や心情を思いやる姿勢が欠かせないお葬式といえるでしょう。