家族葬のメリット

多くの方々が真っ先に連想される家族葬のメリットとして、一般葬儀と比較して費用面の大幅な軽減効果が挙げられます。いずれは訪れる家族との最期の別れに供え、各家庭ではそれなりの金銭面の準備に努めたいところですが、実際にはなかなか難しく、さらには突然の不幸というケースなども少なくありません。残された家族の日常生活にダメージが及んでしまうお葬式は、どれだけ多くの参列者にご足労いただき、第三者の目には立派と映ろうとも、必ずしもベストな式とは言えません。

次に故人との最期の別れの時間を、ゆっくりと家族だけで共有したい、生前の故人がこうした見送りを希望されている場合にも、コンパクトながら内容的には一般葬儀に準ずる家族葬は、最適な選択肢と言えるでしょう。家族葬でどこまでの人達にお声がけするのかの最終決定は、あくまで残された家族側に委ねられています。故人と親しかった、最後のお別れに同席いただきたい知人や友人にご足労いただくも、諸事情で参列を控えて欲しい親族に葬儀を伏せるのも、全て自由なのもメリットです。

また意外と見過ごしがちなポイントとして、ご高齢の方や小さなお子様、あるいは体調不良が気になるご家族にとって、心身への負担の軽減が期待できるメリットが挙げられます。多くの一般弔問者や参列者に対し、長時間頭を下げての挨拶を続けねばならない、通夜から葬儀への流れはこうした方々には辛い時間に違いありません。無用な気を遣わずに済む家族だけの葬儀であれば、それぞれの体調に応じたお葬式が可能ですし、参加者の絶対人数が少なければ、各々に要する時間も自ずと短縮され、精進落としなど家族間で故人を偲ぶ時間をよりゆとりを持って過ごすことが可能です。

このように、費用負担を抑えて参列いただきたい相手を選択でき、自分達への心身の負担も軽減できる家族葬は、昨今のライフスタイルにもマッチしたお葬式として注目を集めています。こうした世の中のニーズに応えるべく、家族葬を専門にサポートする家族葬向けの自社施設を構える、相談段階から親身なフォローで高評価を集める専門業者も増加傾向を続けています。