家族葬と家族間で事前に確認共有すべきポイント

家族葬を選択する際には、家族間でできるだけ早い時期に各々の意見を交換し、確認と納得了承を経て共有しておくべきポイントが幾つか挙げられます。まずは一般葬儀ではなく家族葬に対し、不満や疑問などを抱く家族が存在する場合、そうした負の感情をしこりとして残さぬ話し合いが必要です。ですが、故人がお亡くなりなってから僅かな時間の間に、大慌てでこうした作業を行える時間的な余裕は見当たりません。

家族の誰に万一が生じた際には、家族葬にするのか、その場合はどこまでの人達に声をかけ、規模はどの程度となるのか、それに要する費用はどのくらいで、誰がどれだけ負担するのかなど要確認点は少なくありません。後々になって、やはり一般葬儀で故人を送り出してあげるべきだったとの意見から、蒸し返すようにあれこれと家族葬に対する不満や後悔が噴き出してしまい、結果家族間がギクシャクしてしまっては故人も浮かばれません。

次に、連絡する人や参列を控えていただきたい人の選択作業も重要です。基本的には故人の意思、そして家族の希望からの人選となりますが、ひとつの家族と言えど、微妙な距離感の方々の選択については、意見が分かれても不思議ではありません。どちらにすべきか迷った際には、一応連絡することを基本に、故人の意思に基づく家族葬である旨など、参列予定者側に冷静な判断を仰ぐ対応が望まれます。この人選作業もまた、家族間の意見の食い違いから、時に人間関係がギクシャクしてしまうリスクが潜んでおり、あくまで相手と故人の気持ちを優先する視点での検討が大切です。

そして葬儀業者の選択に関しても、喪主を務める予定の誰かに一任せず、家族全員で候補に挙げた業者の中から絞り込む作業をおすすめします。単純に費用面のお得感だけで選ぶのではなく、各社のホームページなどを詳しく確認する、不明点は確認して相手先の対応を通じ、自分達との相性の良し悪しを見極めるなど、お葬式をサポートしてくれるパートナーとして相応しいか否かを、家族全員の見解で判断してください。